看護師は不規則な勤務時間で激務をこなしているため、仕事探しはできるだけ効率的に簡単にできるものが人気です。看護師のお仕事のみを取り扱っている転職サイトは、そうした忙しい看護師にとってはとても便利な仕事探し方法なのですが、メリットもあればデメリットもあります。

 

看護師の転職サイトを利用するデメリットは、転職希望先とのやり取りは全て転職サイトを通して行うことになり、直接企業とやり取りできないという点があげられます。自分で病院側に交渉したいなと思っても、転職サイトを利用する場合には仕事探しをサポートしてくれるコンサルタントを通さなければいけないので、場合によっては面倒だなと感じることがあるかもしれません。

 

また、こうしたサイトでは、紹介している求人がサイトごとに異なるため、1つにサイトしか利用していないと見つけられる求人にも限りがあるというデメリットがあります。1つしか利用してはいけないというルールがあるわけではないので、複数を利用してももちろんOKなのですが、それを知らないと、限られた求人の中から探すことになってしまいます。

 

看護師の転職サイトにはこうしたデメリットがありますが、実際にはデメリットよりもメリットの方が多く、サイトを使うことで仕事探しがとても迅速に効率的にできると感じる人はたくさんいます。例えば、サイトの検索機能を使えば、一つ一つの求人を熟読して絞り込まなくても、検索機能で瞬時に時分に合った仕事を絞り込むことができますし、サイトを利用する際に担当してくれるプロのアドバイザーは、客観的なアドバイスをくれるので、自分に合った仕事を見つけやすくなるというメリットなども期待できます。デメリットを理解することは大切ですが、理解した上で気を付けながら仕事探しをすれば、満足できる仕事を見つけることができるのではないでしょうか。転職サイトごとに網羅している地域などが異なるので、いくつか比較しながら使ってみてくださいね。

 

看護師の転職に強い「マイナビ看護師」はこちら



看護師転職サイトのデメリットと注意点

 

看護師の転職では、働きながらできるだけ効率的な仕事探しをするために、転職サイトを利用する人がとても多いという特徴があります。転職サイトにはメリットがたくさんありますが、その一方でデメリットもいくつかあるので、あらかじめ理解しておきたいですね。

 

転職サイトを利用するデメリットとしては、そこで紹介されている求人が市場の求人すべてではないという点です。それぞれのサイトごとに取り扱う求人は異なるので、一つだけではなくて複数を利用しながら、求人もれが少ないように自分なりに工夫することが必要ですね。複数の転職サイトを活用しながら仕事探しをする事は決して悪いことではありませんし、ルール違反というわけでもないので、まずは複数に登録して、どこがどんな求人を取り扱っているのかをチェックすると良いでしょう。

 

2つ目のデメリットとしては、担当してくれるアドバイザーによってそのサイトの満足度が大きく異なるという点です。アドバイザーをこちらから指名したりチェンジすることは可能なのですが、なかなか言い出しづらいという人は少なくありません。看護師の転職に精通しているアドバイザーでも人間なので、やはり求職者との相性というものはありますし、アドバイスやサポートによって、満足度が高い転職先を見つけられるかどうかという点も異なりますよね。

 

3つ目のデメリットには、サイトによってはしつこく転職のお誘いの電話やメールが来るという点があげられます。複数の転職サイトを利用している人にとっては、最終的に転職先を決める際には1つの転職サイトを通じて面接のアレンジなどを行うわけですが、その際に利用しなかった転職サイトから勧誘などの電話がかかってくる可能性があることは理解しておかなければいけません。ただし、すべての転職サイトがそうしたしつこい勧誘をするわけではないので、転職サイト選びを慎重にすることでトラブルを解決することができます。こうしたデメリットはあるものの、それ以上に恩恵を受けるメリットの方が多いため、転職サイトを利用した転職活動をする人が多いのかもしれませんね。

 

看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職に強い【看護のお仕事】公式サイトはこちら!