30代の看護婦転職は、珍しくありません。看護師の資格を取って働き始めてから3年ぐらいすると、転職希望者が少しずつ増えてきますが、20代後半から30代前半にかけては、キャリアアップやスキルアップを目指しての転職希望者がとても多くなる時期です。この年代は、職場では後輩も何人かついて指導する立場になっていることが多く、なかなか自分の仕事探しに時間を費やすことは難しいかもしれませんね。そこでおすすめなのが、転職サイトを利用した仕事探しです。

 

看護師の転職サイトは、紹介されている求人はすべてが看護師の求人のみという特徴があります。かゆい所に手が届くような検索条件が充実していたりするので、時間がなくて忙しい人にとっても迅速に条件や希望で求人を絞り込みやすくなっているという特徴があります。また、サイトによっては、いますぐに気に入った仕事が見つからなくても、条件を登録しておけば求人が出たら通知してくれる機能がついていたり、自分の経歴をデータベースに登録しておくと医療機関側が見つけてくれてヘッドハンティング的な転職ができる機能がついていたりもします。サイトを選ぶ際には、どんな風に転職をしたいのかに合わせてピッタリなものを選びたいですね。

 

30代の転職では、できるだけ未経験者歓迎のものよりも経験者優遇の求人募集を選ぶのがおススメです。未経験者歓迎のお仕事でも30代を受け入れている所なら問題ないのですが、お給料や待遇面ではどうしても経験者優遇の求人と比べるとイマイチとなってしまいます。どうしても転科したい場合などを除いては、できるだけそれまでのスキルや経験、知識を生かして転職できるところを探したほうが良いでしょう。

 

その他には、30代の転職は、看護師にとってはそれほど珍しくはない年齢なのですが、40代や50代になると転職先を見つけること自体が難しくなるため、30代の転職先がそのまま定年退職まで勤める職場になる可能性もあります。仕事探しをする場合には、自分の今後のキャリアや働き方を長期的なスパンで考えながらピッタリの職場を見つけることによって、後から後悔しない転職先を見つけることができます。

 

看護師の転職に強い「マイナビ看護師」はこちら



看護婦転職 30代は可能か?

看護婦の転職は、20代から30代にかけてとても多くなります。転職を希望する理由には個人差がありますが、この年代は看護師として基本的な知識やスキルを身に着け、ステップアップやキャリアアップのために転職することを考える年代のため、受け入れる病院側にとってもあまり抵抗がない年代と言えるでしょう。30代の転職でも、30代前半と後半とでは、転職に成功する確率は大きく変わってくるため、転職する際にはその理由によってどのタイミングでどんな職場に転職するのが成功しやすいのか、その傾向と対策をしっかりと理解しておくことが大切です。

 

まず、30代と言えばおおくの看護婦は家庭を持ち、出産を経験する年代と言えます。看護婦の職場はいろいろな所がありますが、病棟勤務をしている場合には夜勤も含めて不規則なシフト勤務となるため、子供を預ける保育施設の確保がとても難しい問題となりますよね。転職理由の中には、保育施設が完備されている職場へ転職したいという人は多いですし、子供との時間を確保するために夜勤のない職場で働きたいという人も多くなります。こうした理由による転職では、自分の希望や条件を満たしてくれる職場であることを優先して仕事選びをする事が必要で、それに伴う待遇面などは妥協する姿勢を持つことが、転職に成功するコツとなります。

 

30代になると、ステップアップやキャリアアップ系の転職も多くなります。この場合、すでに持っているスキルや経験、知識を生かせる転職先を見つけることになり、経験者ということで収入アップも期待できるでしょう。看護婦のお仕事では、スキルレベルによって与えられる職務が決まっている所が多く、やる気があっても任せてもらえないことに不満を抱えて転職を希望する人が少なくありません。職務の幅を広げるという意味では、看護師の数が少ない職場等を選ぶという転職方法がありますが、夜勤がない職場だと競争率が激しくなるので注意したほうが良いかもしれませんね。

 

看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職に強い【看護のお仕事】公式サイトはこちら!