看護師が転職を考える際には、いろいろな点から転職希望先を絞り込みます。お給料などの待遇はもちろん、勤務時間や休日、職場の雰囲気から人間関係まで、様々な点を比較しながら転職先を絞り込んだほうが、満足度の高い転職に成功できるでしょう。そうした作業をすることは必要なのですが、面接の際に志望動機を聞かれた際、正直に自分の気持ちを答えてしまうと、場合によっては面接担当者に良い印象を与えない可能性があるので注意しなければいけません。

 

志望動機は、あくまでも自分がその職場でどんな風に働きたいのか、どんなスキルや経験を積みたいのか、その意気込みを伝えたり自己アピールをするための場所です。そのため、マイナスな印象を与えることは、言わないように気を付けなければいけません。もしも仮に、転職を考えた理由が「お給料が安くて人間関係が良くない」という理由だったとして、たくさんある選択肢の中から選んだ職場が「お給料がアップするから」「夜勤がないから」「家から近いから」などの理由だとしても、そのまま正直に志望動機として面接担当者に伝えてしまうのはNGです。

 

例えば、お給料がアップするからという理由でその転職希望先を選んだとしても、面接の際には「これまで以上にたくさんの経験をしたい」とか「スキルアップにつなげたい」などの動機の方が良いですし、「夜勤がないから」という理由の場合には、「規則正しい生活をすることで、仕事により集中できると思う」など、プラスの動機につなげるのが、転職に成功するポイントと言えるでしょう。

 

もしも面接の際にどんなことを聞かれるのか不安な場合や、どう答えればよいのか分からない場合などには、マイナビ看護師やナースジョブなどの転職サイトを利用して仕事探しをするのがオススメです。こうしたサイトでは、看護師の転職に精通した担当者が仕事探しをサポートしてくれますし、不安や質問もプロの視点から客観的なアドバイスをくれたりするので、転職に成功するコツやポイントを知ることができます。

 

看護師の転職に強い「マイナビ看護師」はこちら



看護婦転職 志望動機で悩んでしまったら

 

看護婦の転職では、必ず面接試験が行われます。面接においてはいくつか必ず受ける質問がありますから、あらかじめ面接試験に向けて対策を講じておくことが必要ですね。看護婦が転職を考える際には、かならずそこには理由があるわけですが、その理由は必ずしも面接官にプラスの印象を与えるモノばかりではありません。例えば現在の職場の雰囲気が良くないとか、人間関係のトラブルに巻き込まれているとか、上司とそりが合わない、などの理由で転職したいと考える人もいるわけです。しかし、そうした気持ちを正直に面接の際に出してしまうと、面接官にとってはマイナスの印象となってしまうので注意しなければいけません。

 

看護婦の転職においては、かならず志望動機について質問がされます。その際には、どんな理由でも良いのですが、かならず面接官にプラスの印象を与えられる答えを準備しておきましょう。何を志望動機とすれば良いのか分からないという人は多いですし、志望動機が分からずに悩む人もかなりたくさんいますが、基本的には「新しい職場でこんな仕事に挑戦したい」「こんな看護師になりたい」ということでOKです。スキルレベルや経験値などは、履歴書や職務経歴書をみれば面接官はだいたい把握できるので、具体的な職務内容などを説明する必要はありません。

 

もしも志望動機で悩んでしまったら、とりあえずその病院のホームページを閲覧してみてください。もしかしたら良い答えを思いつくかもしれません。また、病院のホームページの中には、看護部についての特集やサイトが開設されている所が多く、読みながらどんな看護師を求めているのかを予測することもできます。面接においては、「この看護婦ならうちの病院にピッタリだな」と面接官に思わせることが採用につながるコツとなります。また、ホームページを参考にする事によって、その病院で何に力を入れているのかが分かるので、その部分と掛け合わせながら志望動機を考えると良いでしょう。

 

看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職に強い【看護のお仕事】公式サイトはこちら!