看護師が転職を考える理由はたくさんあります。最も多いのが、仕事のスキルアップやキャリアアップをしたいという理由での転職ではないでしょうか。看護師の職場にはいろいろな所がありますが、多くの看護師が勤めている大学病院や総合病院などでは働く看護師の数が多く、それぞれの実力レベルに合わせて職務内容が分担されています。

 

看護師にとっては自分の実力に合った仕事を反復しながら覚えることができるというメリットがありますが、仕事を覚えたらすぐに次のレベルの仕事ができるというわけではなく、ポジションがあくまで同じレベルの仕事を反復しなければいけません。そのため、看護師歴が数年でも、職場で辞める人が少なければいつまでの新人レベルの仕事しかさせてもらえないなど、不満を抱える人は多いですし、それが原因で転職する人もたくさんいます。

 

看護師の転職理由は他にもあり、現在の職場への不満から転職を考える人もたくさんいます。例えば、看護師の職場はどこも多忙を極める環境の所が多いのですが、激務なのにお給料が安いからもっと高給な所へ転職したいという人はたくさんいます。この場合、特に忙しいという労働環境については不満を持っていないことが多く、どうせ忙しいのなら給料を少しでも多く欲しいという理由で転職したい人が多いようですね。

 

また、現在の職場における人間関係や職場の雰囲気が肌に合わないという理由で転職する人もたくさんいます。看護師の職場は大半を女性が占めるため、どうしてもトラブルは起こりやすいものです。それに、こうした雰囲気や人間関係などは、求人募集を読んでも明記されているわけではないので、転職前にそうした部分を知ることは簡単ではありません。こうした理由で転職したい場合には、ナースジョブなどの転職サイトを活用しながら、できるだけ情報収集しながらの転職活動をすることがオススメです。また、ネットの口コミなどを利用して、実際にそこで働いていた人の感想を参考にするのもおすすめです。

 

看護師の転職に強い「マイナビ看護師」はこちら



看護婦転職理由ランキング

 

看護婦が転職を考える理由には、プラスのものもあればマイナスのものまで幅広くあります。ランキング形式でどんな転職理由が多いのかをご紹介しましょう。

 

第1位:仕事がハードすぎる
看護師のお仕事は、白衣の天使という素敵なイメージがありますが、実際に働いてみると体力的にも精神的にもタフでなければ勤まらないお仕事です。そのため、実際に働き始めてみてから、思っていた仕事と違っていたと感じる人は多いですし、週末勤務や夜勤など不規則なシフト勤務によって体調を崩してしまったり、家族やパートナーとすれ違いになってしまう人も少なくありません。そうした理由から、看護師の資格を生かして働きたいという気持ちはあるけれど、ハードではない職場へ転職したいという人が多いのです。

 

第2位:人間関係に疲れた
看護婦の職場は女性が9割以上を占める女の職場です。その中では、嫉妬やいじめ、ハラスメントなどが渦巻いていて、職場によっては決して働きやすい環境とは言えないことがあります。そうした職場の中で頑張っていても、職場の雰囲気や人間関係によって影響を受けてしまい、疲れてしまう事は少なくありません。もちろん、看護師が働く職場の全てが人間関係が良くないというわけではないので、転職することによって解決できる問題ですね。この理由で転職する人はたくさんいます。

 

第3位:スキルアップしたい
看護婦転職の中でもプラスの理由で転職したいという人は多く、スキルアップやキャリアアップという理由で転職活動をする人はたくさんいます。看護師の職場では、スキルレベル別に与えられる職務が決まっているため、やる気があってもハイレベルな仕事を任せてもらえないことは少なくありません。特に病棟のようにたくさんの看護婦が働いていると、同じ仕事ばかりを何年も続けなければいけないということになり、もっとスキルアップやキャリアアップにつながるお仕事がしたいという理由で、転職を希望する人が多いのです。

 

看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職に強い【看護のお仕事】公式サイトはこちら!