看護婦の求人は、正社員として働くお仕事以外にも、パートや人材派遣という雇用形態で働けるものがたくさんあります。パートのお仕事は、正社員の仕事と比べるとメリットもあればデメリットもあるので、正社員の仕事からパートの仕事への転職を考えている人は、良く考えながら仕事探しをしたいものです。

 

パートで働くメリットですが、まず一つ目は、サービス残業をすることがないという点があげられます。看護師の職場では、場合によっては仕事の時間が終わっても忙しくて帰宅できないことが多く、サービス残業を余儀なくさせられることは少なくありません。しかしパートの場合には、もしも残業した場合には残業代が支給されるので、タダ働きをする必要がないというメリットがあります。

 

また、パートとして働くメリットは、正社員よりものしかかる責任や負担が少ないため、プライベートと仕事を両立しやすいという点もあげられます。特に家庭や育児と仕事を両立させたい人にとっては、パートなら勤務時間は比較的フレキシブルに対応してもらえる職場は多いですし、求人探しをする段階で勤務時間や勤務日を選んで応募することも可能です。週に40時間と勤務時間が決められている正社員と比べると、勤務時間を調整しやすいというメリットがあります。

 

パートで働く際のデメリットですが、長く働いても有休やボーナスは対象外になってしまう点があげられます。こうした福利厚生は、正社員のみが適用されるものなので、パートではどんなに勤続年数が長くても適用されることはできません。もしもパートという雇用形態でも週に40時間程度フルタイムと同じぐらいの勤務時間がある人なら、パートではなく正社員として働いたほうが、福利厚生の恩恵を受けることができるというデメリットがあるでしょう。

 

また、パートの場合にはキャリアアップやスキルアップのお仕事はなかなかさせてもらえなかった理、役職には就けないというデメリットもあります。キャリアアップやスキルアップは、あくまでも正社員の特権なので、スキルアップしたい人ならパートではなく正社員として働き続けたほうがプラスになります。パートがオススメなのは、家庭や育児と仕事を両立したい人や、昼間は学校に通うので夜だけ働けるお仕事を探している人などです。

 

看護師の転職に強い「マイナビ看護師」はこちら



看護婦求人パートの見つけ方

 

看護婦の求人には、正社員のものもあればパートや人材派遣など非常勤雇用のものもたくさんあります。その中でも一日当たりの労働時間が短く、勤務日数も少なめのパートのお仕事は、家庭や育児と仕事を両立したいという人にとっては、理想的な働き方と言えるのではないでしょうか。看護婦のパート求人はいろいろな所で見つけることができますが、できるだけ多くの選択肢の中から自分に合ったものを見つけるためには、転職サイトを利用するのが良いでしょう。

 

転職サイトの中には、看護師求人を専門に取り扱っているものがたくさんあります。こうしたサイトの場合、データベースに入っている求人はすべてが看護師資格が必要となるお仕事という特徴がありますし、検索機能なども看護婦が「こんな職場で働きたいな」という条件が充実しているので、探している仕事をピンポイントで見つけやすいというメリットが期待できます。それに、複数の選択肢を比べれば、どの職場が時給が良いかを知ることもできるので、満足度が高い転職活動ができるのではないでしょうか。

 

パートの求人を探す場合、経験者優遇のお仕事と未経験者歓迎の仕事を上手く見分ける必要があります。経験者優遇のものは、募集されている診療科目などでの経験があり、スキルや専門知識を持っている人を優先的に雇用するというもので、その代わりに時給面が高く設定されている求人が多くなっています。一方、未経験者歓迎のものは、転職で転科を希望する人にピッタリの求人が多く、お給料面がイマイチなお仕事が多いのですが、経験がなくても採用してもらえる可能性があるという点で、人気があります。

 

看護婦がパートで働く場合、時給の中に各種手当がすべて含まれているという点には注意したほうが良いでしょう。夜勤専従のパートをしても、夜勤手当などはすべて時給に含まれているので、時給と労働時間をかけたお給料が頂けるお給料ということになります。各種手当が基本給に上乗せされるのは正職員だけなので、その点は気を付けてくださいね。

 

看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職に強い【看護のお仕事】公式サイトはこちら!