看護師のお仕事は全国どこでもたくさん求人が出されていますし、季節に関係なくいつでも転職を思い立ったら仕事探しをして自分にピッタリのものを見つけることができます。しかし、それぞれの月や季節ごとに転職する際には注意したい点があるので、仕事探しをする際にはそうしたことも踏まえながら活動したいものです。

 

まず新人看護師たちが職場に入ってくる4月には、人事異動などもあって職場が変わる人が多く、看護師転職も多くなる時期です。この時期に転職するのは他の時期と比べるとベストタイミングですし、辞める人が多いので求人情報もたくさん出されているなどメリットはたくさんあります。ただし、4月に転職したい場合には、4月になってから仕事探しをするのでは遅すぎるので、1月に入ったらすぐに転職活動を始めて内定をもらっておくのが安心です。

 

4月の次に転職が多くなるのは9月と言われています。そのため、4月の転職時期を逃した人は、少しずつ転職活動を始めて9月を目標にすると良いかもしれませんね。もちろん、それまでにも求人募集は出されているので、気に入ったものがあれば9月前に転職することももちろん可能です。この時期に転職する看護師は多いので、同じ時期に仕事を変えた仲間ができたりして、比較的精神的に仕事を変えやすい時期なのかもしれませんね。

 

1年のうちどの月が転職しやすいかという点でみると、4月、9月、そして12月が多くなります。その時期の2か月〜3か月ぐらい前からは、求人募集がたくさん出るようになるので、多くの選択肢の中から自分の気に入ったものを選びやすい時期と言えるでしょう。

 

看護師の経験年数によっても転職が多くなる時期があります。それは、看護師として働き始めてから3年目の時期です。看護師のお仕事は3年続けてようやく基本が一通りできて一人前と言われているため、それよりも早い時期で転職しようとしても、なかなか採用してくれる所は見つけづらいものです。しかし3年間勤めていれば転職先は見つけやすくなるので、それまで待って仕事探しをする看護師が多いようです。

 

看護師の転職に強い「マイナビ看護師」はこちら



看護師の転職時期と最適なタイミングとは

 

看護師の求人募集は、年間どの季節でも募集されているので、転職しようと思えばいつでもすることは可能です。しかし、転職者が多く出るシーズンもあれば、あまり多くはないシーズンがあるのも事実。転職者が多い季節には、たくさんの求人募集が出されることが多いため、条件が良いお仕事や人気の職場などの求人募集を見つけることが可能になります。そのため、たくさんの選択肢の中から条件や希望に合わせて気に入ったお仕事を探したいという人は、多くの看護師が転職活動を始める時期を狙って仕事探しをするのがベストのタイミングと言えるのではないでしょうか。

 

看護師の転職では、気に入ったお仕事を見つけたからと言ってすぐに転職できるというわけではありません。現在のお仕事の引継ぎのことも考えなければいけませんし、看護師の世界は狭いですから、あまり自分の評判を落とすような辞め方はしたくありませんよね。そのため、転職活動を始めてから短くても2か月ぐらいの時間がかかるということは念頭に入れておきましょう。

 

看護師が転職するタイミングで最も多いのは、4月です。この時期には、新卒の看護師たちがたくさん入職してきますし、人事異動などで職場の顔ぶれが一新する時期でもあります。このタイミングで新しい職場に移る看護師はとても多く、4月転職に向けて転職活動は1月ぐらいからスタートしています。もしも4月に転職をしたいなら、1月か2月ぐらいからコツコツと転職活動を始めることをおすすめします。もしも1月とか2月に採用されたとしても、4月入社を希望すれば認められることは多いので、まずは採用されることを目指して転職活動を始めるのがおすすめですね。

 

4月に次で多いのは、5月の転職です。ちょうどゴールデンウィーク明けから働き始めるという人は多いですし、ゴールデンウィークを終えて転職を思いつく人もたくさんいます。そのため、5月から7月ぐらいにかけては、4月ほど転職者は多いとはいかなくても、かなりの数の看護師が転職する時期と言えます。

 

看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職に強い【看護のお仕事】公式サイトはこちら!